blog index

◆ イタリア男的恋愛マニュアル ◆ 高額キャッシュバック

恋愛・出会い教材の◆ イタリア男的恋愛マニュアル ◆を高額キャッシュバックしているサイトをご紹介!!
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    ◆ イタリア男的恋愛マニュアル ◆ 長島 美保
    0

      ◆ イタリア男的恋愛マニュアル ◆ 

      ◆ イタリア男的恋愛マニュアル ◆ 




      下記のサイトで購入すると最大6200円安くなります!
      ◆ イタリア男的恋愛マニュアル ◆




      以前は日本で・・


      わたしは、日本男性とデートを重ね、そして複数の恋愛をしました。

      日本では、いつも男性が周りに多い環境で生活していたため、
      デートは、本当に数知れない程の経験をしました。

      でもたいていの場合、わたしは、

      落ちたくても、なかなか落ちることができなかったのです。


      自分の理想は高すぎるのか?


      そんな疑問を感じていたある日、自らの別の夢をかなえるために
      イタリアに渡る決心をしたのです。

       

      こうして始まったイタリアでの生活。


      「日本女性は、海外でモテる」等と言われていますが、でも実際は、
      意味合いがまったく違うと言う事に直ぐに気がつくことになります。


      最初は、わたしに声をかけてくるのは、ただ単に外国人と遊びたいだけの、
      ナンパなイタリア男たちばかりだったのです。

      ◆ イタリア男的恋愛マニュアル ◆


      住んでみれば直ぐにわかるようになります。

      彼らはかなりの俳優で、うまいことをいろいろ言ってくるけれど、
      もともと、本当の恋をしようと何て、さらさら思っていないことを。


      更に言えば、イタリア人の日本女性に対するイメージ何て、
      まさに、「ゲイシャ」なんです。


      でも、それも仕方が御座いません。
      イタリアからしてみれば、日本は遥か遠い国。


      テレビで時々特集されるのは、「最新テクノロジー」「広島原爆」のほかには、
      「芸者文化」「サムライ文化」、それに、いかにマグロを大量に消費する国民か
      と言う事くらいです。


      だから、日本女性=ゲイシャの魂と伝統を受け継いでいる
      と思っている人が、まだ数多くいるのです。


      「キミもマッサージ出来るの?」


      知り合って間もなくの男たちから、何度このように聞かれたかわかりません。

      近づいてくる男は皆そろいもそろって、同じことを聞いてくるのです。


      「マッサージ・・・」

      この言葉に、その頃どんなに屈辱感を覚えていたか分かりません。


      そんな自分に都合がよい興味で近づいてくるような男としか縁がない何て・・・
      本当に悔しかった。

      情報商材レビュー

       

      ちなみに、イタリア人は一般的に誰でも、外国人に慣れていることもあって
      表面的にはとても親切です。

      けれど、ただの好奇心で美味しい思いをしようとたくらんでいる、ナンパな男たちを除けば、
      コミュニケーションが円滑にはかれない外国人に深入りしよう何て、
      まったく思ってないのです。

      普通のイイ男たちは、それぞれ自分ことで忙しいですから。


      ましてや、イタリア女性も、言葉が片言くらいでは、冷たいものです。

      友達に何て絶対なってくれません。


      言葉でのコミュニケーションが何より大切なイタリアで生活する為には、
      言葉の壁は、想像していたよりもずっと厚かった のです。

      出会い系サイト


      唯一親しい友人関係を築くことができたのは、日本語を勉強している人たち、
      或いは、日本文化に対してマニアックな程の興味を抱いている人たち。


      わたしは、日本語を勉強している大学生の家庭教師を始めたり、
      日本に情熱があるからこそ、わたしのたどたどしいイタリア語を一生懸命聞いてくれる、
      数少ないイタリア人との交友関係を大切にしながら、必死でイタリア語を勉強しました。


      いつかイタリア人の中に混じって流暢に会話出来ることを夢見て、
      毎日毎日、時間さえあれば勉強していました。


      移動中もいつも辞書を持ち歩いて、バスの中では聞こえてくる他人の会話で、
      分からない単語を直ぐに調べたりもしていました。


      とにかく一刻も早く、イタリア社会に溶け込みたい。


      その情熱と努力のかいがあって、徐々にですが、
      割と早い時期から日常会話が出来るようになってきました。


      そうして、コミュニケーションに殆ど不自由しなくなった頃ようやく、
      本物のイタリア男たちと出会うきっかけが頻繁に生まれるようになったのです。


      そうなると、わたしをとりまく状況や生活は、以前とまったく変わりました。

      普段から活動的にしているだけで、簡単に新しい知り合いが増えていき、
      それがまた新しい出会いを生むという循環になっていったのです。


      そして、日本では簡単には落ちなかったわたしは、いつもイタリア男性には簡単に
      落ちてしまっていました。


      それはまぎれもなく、彼らの手法によって本当に魅了されしまっていたからなのです。


      最後には、イタリア人と結婚しました。

      主人のことは、最初はまったく眼中になかった程、
      好みのタイプからはかけ離れていたのに。


      彼は、イタリア男たちの中でも際立って、
      無意識のうちに女性の心をつかむ方法を知っていました。

       

       


       

      彼らの恋愛観は、日本でイメージされているのとは、だいぶ違っています。


      それは、いろいろな男性とデートしてみたり、何度か恋愛にも発展して、
      つきあってみたことで初めて分かったことです。


      そして同時に、嫌がおうにも知ってしまったのです。

      恋愛体質と恋愛マインドの、イタリア男たちと日本の男たちのあからさまな差異を 。

      結婚相談所


      こんなことを言うと、気を悪くされるかもしれませんが、残念ながらこれは事実です。

      恋愛力で、日本の男たちに勝ち目は御座いません。

       

      でも、日本では、恋愛に不器用なのはまったく仕方がないことです。


      何故なら、日本人の性格や、育った環境、社会環境を考えると、
      もともとイイ恋愛をするのに、とても厳しい状況だからです。


      もしも貴方が、誰から恋愛について教わることもなく、
      最高の恋愛が出来るのだとしたら、天才ですよ。

      そしてよ程ラッキーな人です。


      恋愛に不器用になってしまったり、恋愛の本質を履き違えてしまいがちな、
      環境やしがらみに取り巻かれているのが、日本なんですから。


      考えても見て下さい。


      日本の社会は、他人と比べることで無意味なコンプレックスを生ませ、
      個人の個性をいとも簡単に放棄させられることを強いられるような環境です。


      「勝ち組み」「負け組み」

      例えば、こういった言葉もわたしは大嫌いです。

      仕事に成功できたかどうかだけで、まるで全人格、全人生の勝ち負けみたいに、
      ひとくくりにしてしまうことに、一体なんの意味があるのでしょうか?


      細かいことを言えば、本当にきりが御座いません。

      学生の頃から、いつもランク付けされながら、わたしたちは生きてきたんです。


      学生の時はいつも試験での点数だけで競い、
      受験ではどこの高校や大学に入ったかでランク付けされる。

      社会人になれば、今度は出世競争。


      そして、幾つになっても、出身大学や職種によって、
      まるで全てを判断されてしまうかのよう・・


      そんな環境で、本来の本人の個性を、つぶされてしまったり、
      自己アピールが苦手になってしまうのは当然のことです。

      【2011年版】超がつくほどのメール下手男が、たった15時間で狙った女に『あなたに会いたい』と言わせ、女の心を夢中にさせた・・・。このわずか3%の男しか使っていない女を口説くための携帯メールの方法とは 気になるあの子の口説き方 REAL30 狙った男性に愛される最高の女性になる秘訣 Last Chance-モテない女性の最後の切り札-

      ましては、何らかのコンプレックスが生まれて、それを心に溜めてしまうことで
      自分に自信がもてなくなってしまうのは、当たり前のことです。


      その逆に、そういった社会で優越感を感じ、自信を持っている人だとしても、
      いったい、どんな風にして恋愛マインドを学ぶことが出来るのか?


      日本では、もともと、自ら学ぼうと努力しない限りは、
      恋愛体質になる事がすごく難しいんです。


      仮に貴方が、幼い頃からイタリアに住んで育っていたとしたら、
      貴方もイタリア男のように、恋愛の達人のはずなんです。


      貴方のトータルの個性が、時には受け入れられ、時には受け入れられない・・

      その経験の積み重ねで、自己アピール方法を強化し続け、恋愛力に
      更に磨きをかけ続けているはずなんです。

       

       


       

      イタリアはいつも世界中からの観光客で溢れていますから、
      実は、観光客専門のナンパ師というのが、存在します。


      いまだにローマの中心街をあるいていると、
      わたしを観光客だと思い、英語で声をかけられることがあります。

      そもそもとってもおかしいんですが、道を聞いてきたりするんですね、英語で。


      明らかにイタリア人ですから、わたしはイタリア語で返します。

      すると、

      「あ、イタリアに住んでるんだ・・」


      すると彼らは急にテンションを変えるのです。

      そういった機会に、何度か立ち話になったことがありました。


      そんな時、わたしは興味本位で聞いてみるんです。

      「なんで、日本人の観光客に声かけようと思うの?」


      すると、彼らが答えるのはたいていこうなんです。


      「日本女性を落とすのは、本当に簡単だから・・」


      わたしだって、直にそういう話を聞くと、あんまりいい気分じゃないですよ。


      でも、そこは貴方も冷静になって考えてみて下さい。

      他の国の女性に比べてもとくに、日本人女性がイタリア男たちにとって簡単な理由を。


      もしも、貴方が、

      「日本の女は、海外に行くと開放的になって、外国人がカッコいいから、
       アバンチュールを楽しんでるだけだろう。」

      このように思うだけだったら、それはかなり浅はかです。


      イタリアには、日本人は遺跡めぐりやショッピングやイタリア料理のために
      来ているのであって、イタリア男のために来ているわけでは無いはずです。

      海のリゾート地では無いですから、男とのアバンチュール何て普通は考えも致しません。


      なのに、ブサイクなナンパ男にいとも簡単に、まんまと引っかかってしまう。


      そればかりか、イタリア男の演出と言葉を真に受け、過剰な幻想を抱いたまま
      日本に帰り、運命の出会いだと信じ続けて・・・悩み、苦しみ、最後には傷つけられる。

      そのようなことも、めずらしくないのです。


      そんな女性たちは、すっかり盲目になってしまっていて、
      ナンパなイタリア男が、わざわざ観光客を選ぶ理由に気がつかないのです。


      何故、そのような女性が続出してしまうのか・・・


      それは、はっきり言えば、免疫がないからなんです。


      普段の日本の生活で、周りのいろいろな男たちが、もっと男の魅力のアピールを
      していれば、そして、ついついその気になってしまうような男たちの誘惑と演出を
      普段から経験していれば・・・・


      ナンパなイタリア男のトラップだって、直ぐに見抜けるはずなんです。


      そして、逆に言えば、イタリア男式恋愛術は、免疫がない日本女性にかなり有効だ
      と言う事です。

       

      | italyrenai | ◆ イタリア男的恋愛マニュアル ◆ | 15:16 | - | - | - | - |
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>

      bolg index このページの先頭へ